賃貸の鍵を交換する

賃貸に入居前にしておく事

賃貸では鍵交換をすべき

賃貸で物件を借りるときは、鍵交換をすることを考えるべきです。今までどんな人が借りていたのかはわかりません。契約終了の時点で返却しているとしても、勝手に合鍵が作られていてもわからない状況だからです。そのため、契約をする時点で、不動産屋から鍵交換を実費でするかどうかの確認されることもあります。そのときにはぜひ交換しておくべきです。前の住人(もしかするとさらに前の住人)が合鍵を使って勝手に部屋に入り込まれることを心配するのは精神衛生上よくありません。将来の安心を買うと考え、賃貸の鍵は交換しておくことをおすすめします。

植木とレンガ

新たに入居する時の鍵交換

アパートでもマンションでも、賃貸物件の場合は、前の住人が転居して、次の新しい入居者が決まった場合は、玄関の鍵交換をするのが普通です。というのは万が一以前の住人が玄関の鍵のスペアを持っていた場合は、現在の住人以外の人が、玄関のドアを開けてしまう可能性が出てくるからです。事実世界には、アパートやマンションに入った泥棒が、実は前の住人だったと言う話は沢山あるのです。賃貸物件に住む場合は、こうしたケースのみならず、基本的には自分自身の持ち物ではないことを自覚し、転居する場合も、できるだけ元の通りにして返すという心がけが大切です。

賃貸の鍵交換情報

新着情報